TwitterFacebookYouTube

Vectorworks操作技能認定試験

Vectorworks操作技能ベーシック認定試験 受験料無料

▪️Vectorworks操作技能ベーシック認定試験とは

ベーシック認定試験は、Vectorworksが持つ2次元、3次元、データベース等の基本機能と、Renderworksの基本操作技能を習得していることを認定するCBT形式(インターネット接続環境下でコンピュータを用いるテスト形式)の試験です。
※必ず試験に使用するPCで「動作環境チェック」を行ってください。

▪️合否判定について

全50問を50分で解き、7割以上の正解で合格と判定されます。
合格判定された方には合格認定証のPDFデータがダウンロードできるサイトが表示され、さらに優秀な成績で合格された方(正答率9割以上)には上位認定として「アドバンス認定」の認定証カードが発行されます。※カードは後日郵送でお届けいたします。

▪️こんなシーンに活用いただけます

  • 「Vectorworks操作技能の実力を第三者へアピールする証明がない」
  • 「自分はどのくらいVectorworksを理解しているのか自己判断したい」
  • 「学年単位で受験し、学生のVectorworks理解度チェックに活用したい」

※合格認定証のイメージ

【Vectorworks操作技能認定試験 ご紹介Webサイト】

 https://www.aanda.co.jp/exam/index.html
 OASIS加盟校の学生、および、教員は「Vectorworks操作技能ベーシック認定試験」を無料にて受験いただけます。